雨漏り修理ならお任せください!|ガルバリウム鋼板の良・悪の噂をココで証明!最大デメリットはサビ!

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7840

フリーダイヤル0800-805-7840

最新情報・レポート

雨漏り修理.com|雨漏り修理:25,000円~&年中無休で対応のコラム記事ページです

ガルバリウム鋼板の良・悪の噂をココで証明!最大デメリットはサビ!

ガルバリウム鋼板の良・悪の噂をココで証明!最大デメリットはサビ!

 

家の屋根や外壁などには鋼鉄の板を使用することが多いです。しかし、鋼鉄の板は比較的安価で丈夫なため入手しやすい一方で、錆びやすい金属でもあります。

 

そこで最近人気の建築材料として、ガルバリウム鋼板があげられます。ガルバリウム鋼板とは、金属のアルミニウムと亜鉛に、ミネラルのケイ素を混ぜて作った合金をメッキした、鋼鉄の板の名前です。

 

錆びやすい鋼鉄の板を錆びにくいアルミニウムと亜鉛の合金でサンドイッチし、さらに塗料やコーティング剤を塗ることで、丈夫で錆びにくい金属の板を実現させました。

 

ガルバリウム鋼板は、家の屋根や外壁で使われることが多いです。色や形もさまざまでデザイン性が高く、丈夫で耐熱性が強く、錆びにくいことが人気の理由です。

 

しかし、本当にガルバリウム鋼板を家の屋根や外壁に使うことには、メリットしかないのでしょうか。実際に設置をするならば、デメリットも知った方がよいはずです。

 

そこで今回は、ガルバリウム鋼板のメリット・デメリットを検証し、ガルバリウム鋼板を屋根に使うことが良いか、考えてみます。

 

 

ガルバリウム鋼板のよい噂とは?

ガルバリウム鋼板という薄くて丈夫な金属は、メンテナンスフリーといわれるほどに、厳しい雨風にも持ちこたえないといけない屋根を作る際の建築材料として人気を博しています。どのような点が素晴らしいのか見ていきましょう。

 

錆びにくい

ガルバリウム鋼板は錆びにくい素材です。ただし、まったく錆びないというわけではなく、金属の中では錆びにくいというだけなのです。傷が付くと、錆び止め剤入りの塗料がはがれて錆びてしまうこともあります。錆びについてはのちほど触れます。

 

耐熱性が高い

耐熱性が高いとは、熱いときも損傷しにくいという意味です。電子レンジで使って熱くなっても割れない耐熱ガラス容器を思い浮かべた方もいらっしゃるでしょう。ガルバリウム鋼板は耐熱性が高いので、屋根や外壁に使う際に、黒色など濃い色の塗料を使うことができます。

 

通常、黒色は太陽の熱を集めて熱くなってしまうので、屋根や外壁を黒くしてしまうと耐久性に問題があるのですが、ガルバリウム鋼板は耐熱性が高いため、耐久することができるのです。

 

軽い

薄さが約1~4mmの材料なので、金属としてはとても軽く扱いやすいです。ガルバリウム鋼板は瓦屋根より丈夫な上、軽さはおよそ6分の1です。

 

デザインがさまざま

デザインに関して、趣味嗜好はひとそれぞれの感覚がありますよね。ガルバリウム鋼板なら、合金の上にさまざまな色で塗装をすることができ、また形状も薄いので自由に変形させることが可能です。今まで通常の金属では不可能だった創造性を発揮でき、新たな表現の可能性が生まれました。

 

ガルバリウム鋼板にも欠点あり?悪い噂とは?

ガルバリウム鋼板にも欠点あり?悪い噂とは?

 

ここまでガルバリウム鋼板のメリットをお伝えしてきました。ところが、ガルバリウム鋼板はメリットばかりでもなさそうなのです。

 

傷に弱い

ガルバリウム鋼板は何層にも薄くコーティングされているため、いったん傷が付くと、そこから塗料がはがれて錆びることがあります。

 

断熱効果は弱い

耐熱性が高いのですが、薄くて熱電動率(熱の伝わりやすさ)が高いため、断熱効果は弱いとされています。屋根に使ってしまうと、強い真夏の日差しによって室内に熱がこもってしまうのです。したがって、ガルバリウム鋼板を屋根に使う場合は、断熱材をはりつけて使う必要があります。

 

結露が発生しやすい

ガルバリウム鋼板は断熱効果が低いので、しっかりと断熱材をしきつめないといけません。その結果として、湿気がこもりやすくなってしまい、結露が発生しやすくなります。

 

ガルバリウム鋼板の劣化現象はサビ!

ガルバリウム鋼板のメリットは、大きくまとめると錆びにくい・耐熱性が強い・軽いことでした。しかし、状況によっては錆びてしまうことがあるのです。

 

赤サビ

ガルバリウム鋼板は、鉄が亜鉛とアルミニウムにメッキされていて、錆びにくく作られています。しかし、何かにぶつけるなど外的要因で傷ついてしまった場合、その傷から水が入ることで中の鉄が錆びやすくなります。鉄が錆びると赤サビになるのです。

 

青サビ

もらいサビといって、それ自体は錆びていなくてもうつってしまうことで錆びてしまうことがあります。基本的に青くなるのは銅のさびです。

 

白サビ

白サビは雨などずっと濡れていた亜鉛が溶け出したものです。高温多湿で乾きにくい箇所に発生しやすくなります。せっかくのスタイリッシュな外壁にポツポツと白い跡付いているのは残念ですよね。雨の後など、湿気が溜まりそうなときは水で流すなど、定期的な手入れをすると緩和されます。

 

3種類のガルバリウム鋼板をご紹介します

3種類のガルバリウム鋼板をご紹介します

 

ガルバリウム鋼板を屋根に使用するためには、母屋に対してまず、垂木と呼ばれる等間隔に打ち付けられた木材にコンパネとよばれる木材の合板を打ち付けます。そのコンパネの上に防水シートを施し、さらにその上からガルバリウム鋼板を打ちつけます。これが屋根の主な構造です。

 

そして、ガルバリウム鋼板を屋根葺きする際には、以下にあげる3つのスタイルがあります。

 

横葺き

横葺きとは、横方向にガルバリウム鋼板を敷いていくことです。ガルバリウム鋼板の屋根葺きでは、一番人気のあるデザインです。すっきりとスタイリッシュない印象になります。水はけをよくするためにおおよそ3寸以上の傾斜が必要です。

 

縦噴き

縦葺きとは、縦方向にガルバリウム鋼板を敷いていくことです。ガルバリウム鋼板の溝も縦方向になるので、下の方へ雨水が流れやすく、水はけがよいのが特徴です。大きなガルバリウム鋼板をそのまま使うのでハイレベルな技術が必要です。縦向きにすると水はけがよくなるので屋根の傾斜をゆるやかにできます。

 

瓦調葺き

瓦調葺きとは、ガルバリウム鋼板を日本の瓦に見立てて敷いていくことです。屋根を和風な雰囲気で作りたいときに有効です。瓦屋根よりは軽量なため、地震や自然災害に備えた家づくりができます。

 

長持ちさせるためのメンテナンス法

ガルバリウム鋼板はメンテナンスなしで30年程度は使えます、といったことを広告に書いている業者もいます。しかし、当然、手入れをした方がきれいで長持ちします。できるだけ硬い物にぶつけたり、傷をつけないようにしましょう。

 

ガルバリウム鋼板の屋根に長持ちする保証がついていることがあります。その保証に入るのは、形を変えたり切って加工していないものが対象になります。切断面のサビには注意しましょう。

 

メンテナンスの方法として、汚れているときは水洗いが有効です。また、塩分に弱いので、海辺の近くならば、とくに塩分の影響に気をつける必要があります。こまめに水洗いしてください。

 

都心部なら排ガスによる汚れにも気を付けましょう。汚れを早く落とすために、高圧洗浄機を使うと表面を傷める原因になるので控えます。柔らかいタオルで拭くくらいがちょうどよいでしょう。

 

まとめ

今話題のガルバリウム鋼板について、本当にメリットばかりなのか?デメリットになりそうなところもご紹介しました。屋根に施工する前に、本当にガルバリウム鋼板を使ってもよいのか、メリット・デメリットを把握したうえで決めましょう。

 

そして、難しいことが分からない場合は、雨漏り修理のプロに聞いてみましょう。雨漏り修理.comというサイトには、さまざまな施工例が掲載されています。

 

あなたの家の屋根には、どのような塗装が向いているのか、プロに相談することでわかるかもしれませんよ。