雨漏り修理ならお任せください!|雨漏りした天井はすぐに応急処置をして2次被害を防ぐ

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7840

フリーダイヤル0800-805-7840

最新情報・レポート

雨漏り修理.com|雨漏り修理:25,000円~&年中無休で対応のコラム記事ページです

雨漏りした天井はすぐに応急処置をして2次被害を防ぐ

雨漏りした天井はすぐに応急処置をして2次被害を防ぐ  

突然雨漏りが起きてしまった場合に、応急処置の方法が分からないと焦りが生じてしまうことでしょう。雨漏りを放置しておくと大量のカビが発生し、室内だけでなく健康面にも悪影響を及ぼすことがあります。雨漏りを確認することができましたら、早急に対処するようにしなくてはいけません。

今回は雨漏りが発生した際におこなうべき応急処置の方法をいくつかご紹介します。対策を知っておくことで、急な雨漏りからお住いを守ることが可能です。正しい方法と手順を理解しておくことで、速やかな対応ができるでしょう。

 

雨漏りの2次被害を防ぐ室内の応急処置

雨漏りを放置しておくと大量のカビの発生を招き、屋根がボロボロになる可能性があります。このような状態になってしまうと修理代も高額になるため注意しなければいけません。雨漏りは主に天井と窓から発生します。それぞれ応急処置の方法が異なるためご紹介します。

・天井からの雨漏り

天井から雨漏りが起きた場合、原因である屋根を雨が降る中で確認するのは危険です。そのため雨が落ちてくる箇所の下にバケツを置き、室内が濡れないよう水を受け止めましょう。準備するものはバケツ、雑巾やタオル、新聞またはレジャーシートです。

雨漏りしている箇所の下に新聞紙を敷き、その上にバケツを置きます。時間が経つにつれ水がバケツの中に溜まっていき、水しぶきが発生し周囲にはねてしまうので、いらなくなったタオルや新聞紙、雑巾などをバケツの底に入れておくと良いです。

糸を垂らした針を天井の漏れている箇所に突き刺すことも効果的です。垂らした糸をバケツの中に入れることで、飛び散りやシミを防ぐことができます。屋根裏を覗くことができる場合は、どこから雨漏りが起きているかをチェックし、バケツやレジャーシートなどを敷き、室内が濡れないよう侵入を防ぎましょう。

・窓からの雨漏り

窓やサッシからの雨漏りは雑巾を置くことで対策になります。必要なものは雑巾やタオル、ビニールシートまたはゴミ袋です。ビニールシートを敷き、雑巾で水を吸い取るようにすることで室内が濡れるのを防げます。雨漏りが確認できたらカーテンをすぐ外すか、濡れないように短くまとめると良いです。

 

本格的に応急処置をするなら屋根から

本格的に応急処置をするなら屋根から  

本格的に応急処置をおこなう場合は、屋根に出て直接的な対策を施します。まず大きめのブルーシートを用意し、屋根に広範囲で被せます。このままだと風で飛ばされてしまう可能性があるため、テープや砂利を詰めた土のう袋を重り代わりにし固定してください。重りの中身を細かい砂などにしてしまうと、雨が降った際に泥水となり土のう袋から滲んでくる可能性があるため注意しましょう。ひもやロープで固定してしまうと家を傷つける危険性があるので使用は控えるようにしましょう。

防水テープで雨の侵入口をふさぐ方法もあります。雨漏りしている箇所の周囲を雑巾で拭き、ホコリや砂、油などを取りましょう。汚れがあるとテープの粘着性が弱くなるため、剥がれやすくなってしまいます。

綺麗に拭きとったら雨水の流れる方向の下流から上流に向けてテープに空気が入らないよう貼ります。この際テープは広範囲に貼るのではなく、原因となっている箇所付近にだけ貼るようしてください。広範囲に貼ってしまうと雨漏りの経路が変化し、別の箇所から雨漏りが発生する恐れがあるため注意しましょう。

他にもコーキングを使用し原因箇所の隙間を埋めることも効果的です。コーキング剤とコーキングガンを使用することで、原因箇所の隙間を埋めることができます。雑巾で原因箇所を綺麗に拭き、コーキング剤がはみ出て他の箇所に付かないようマスキングテープを周囲に貼ります。

さらに効果を得るためには、コーキング剤の接着力を高めるプライマーという液体を使用すると良いです。プライマーを塗布する際は、しっかりと乾いてからコーキングを塗るようにしましょう。塗り終わったらコーキング剤が乾く前にマスキングテープを剥がし、コーキング剤が乾いたら施工終了です。

 

応急処置の注意点

応急処置をする際には、1人でではなく2人で作業をおこなうようにしましょう。屋根に登らなくてはいけないため落下などの危険性があります。雨が降っている最中や、高所が苦手な人は自分でおこなうのは避けた方が良いです。2人で作業することで、屋根に登る際の補助や、怪我をしてしまった際にすぐ連絡することができます。1人が屋根に登り、もう1人が地上で待機することが理想です。屋根から落下してしまうと、打ち所によっては後遺症につながる危険性があるため十分に注意してください。

屋根の構造を知らずに登ってしまうと、関係のない屋根材を壊してしまう恐れがあります。その破損が原因で新たな雨漏りが発生する可能性があるため注意しましょう。

雨漏りの原因はプロでも突き詰めることが困難といわれています。そのため、自分で防水テープやコーキング剤を塗ったとしても完璧に直らないこともあります。処置の方法次第では問題をさらに悪化させてしまう恐れがあるため注意が必要です。

自分で修理することができないと感じた場合は、業者に依頼すると良いでしょう。費用は掛かってしまいますが、落下の危険性や間違った処置をしなくて済みます。安全性だけでなく、正しい処置をスムーズにおこなってもらえるため安心です。

 

ほんとに雨漏りか確認しましょう

ほんとに雨漏りか確認しましょう

 

室内に水が侵入してきたとしても、雨漏りが原因とは限りません。水道管やエアコンの排水管が欠損したことが原因で起こる漏水の可能性や、普段の生活の中から発生する水蒸気が屋根裏部屋などにこもり、室内との温度差で結露が起こることがあります。これらも室内が濡れる原因になるため確認し見極めらければいけません。

水道管などからの漏水が原因の場合は、水を使用していないにも関わらずメーターが回っており、水道代が普段より高くなっていることがあります。結露を防ぐためには、適切な換気をおこないましょう。外部に雨漏りの原因らしきものがない場合は結露の可能性が高いです。

 

まとめ

雨漏りを放置しておくと自宅に多くの被害を及ぼします。雨漏りは突然起こるため、その場でおこなえる応急処置の方法を知っておくことが重要です。簡易的なものから本格的なものまであるため、自分の状況に合わせて選択するようにしましょう。応急処置の注意点や危険性を理解したうえで検討してください。自分での処置が行えないと感じた場合はプロの業者に依頼しましょう。危険性もなく確実な修理をおこなってもらえます。