雨漏り修理ならお任せください!|雨漏りで電気が漏れることも!どんな危険性がある?

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7840

フリーダイヤル0800-805-7840

最新情報・レポート

雨漏り修理.com|雨漏り修理:25,000円~&年中無休で対応のコラム記事ページです

雨漏りで電気が漏れることも!どんな危険性がある?

雨漏りで電気が漏れることも!どんな危険性がある?

 

最近雨漏りが起きているけどどうしよう…とお困りの方はいらっしゃいませんか?

 

雨漏りによる被害といえば、木材の腐食やカビの発生などが挙げられることが多いです。しかし、それ以上に危険な被害を引き起こす危険性もあります。それは漏電の発生です。最悪の場合は火災などの大規模な事故につながる危険性があるので注意してください。

 

今回は雨漏りで電気が漏れる原因と危険性についてご紹介します。漏電を発生させないためにはどうすればよいのか、その対策方法についても説明しているので参考にしてみてください。応急処置法なども知っておくとより安心でしょう。

 

 

 

 

 

 

雨漏りして漏電発生!原因と危険性とは?

一般的な電気機器や配線には、漏電が発生しないよう絶縁処理がされていますが、いつの間にか劣化し、損傷してしまっていることがあります。絶縁処理がしっかりされていない配線が、雨漏りによって水気を帯びてしまうことで電気が漏れてしまうのです。

 

水は電気を通しやすいため、このままの状態で放置しているのはとても危険です。火災の発生だけでなく、電気の通った水に触れてしまうことで感電する恐れもあります。流れる電力が大きければ最悪の場合は死に至ることもあるので注意が必要です。

 

人体への影響だけでなく、家電が故障してしまう可能性もあります。もちろん家電本体やコードも水に弱いため、絶縁不良となり故障してしまうのです。電気回路の外に余計な電気が流れ、電気代が高騰する場合もあります。雨漏りによって電気が漏れてしまうことで、このようなトラブルが起きる危険性があるということを理解しておいてください。

 

 

 

雨漏りで漏電を発生させないための対策方法

雨漏りで漏電を発生させないための対策方法

 

雨漏りで電気が漏れないようにするために、もっとも重要な対策方法は雨漏りを放置しないことです。もちろん漏電を防ぐことは大切ではありますが、それ以前に雨漏りを防止するということをより強く意識してください。雨漏りが発生していると以下のような症状が見られるので、日ごろから注意しておくとよいでしょう。

 

  • ・天井や壁のクロスにシミができている
  • ・雨天時に室内からポタポタと音がする
  • ・天井から水滴が落ちてくる
  • ・晴れている日でも室内がジメジメとしている
  • ・押し入れやクローゼットにカビが発生している

 

雨漏りによる被害を防ぐためには早期発見が大切になります。発見が遅れてしまうと漏電の危険性が高くなるのはもちろん、修理費用も高くなってしまいます。これらの症状に少しでも心当たりがある方は、一度確認してみてください。症状を理解し、雨漏りの発生を疑うことが漏電を発生させないための対策になります。

 

 

 

 

こんな症状はありませんか?雨漏りしやすい箇所

漏電の発生は症状を理解しておくことですばやく察知することができます。これからいくつかの症状をご紹介するので、心当たりのある方は漏電が起きている可能性が高いでしょう。確認でき次第修理する必要がありますが、作業は電気工事士などの資格を持つプロへ依頼するようにしてください。

 

●建物の金属部がビリビリする
金属部分に触れみてビリビリするような感覚があれば漏電が発生しているかもしれません。しかし原因の元を自分で特定することは難しいため、心配な方は一度プロに調査を依頼するとよいでしょう。

 

●雨の日に停電が起きる
雨が原因で漏電している場合は、雨の降った日にのみ停電が起きることがあります。雨漏りだけでなく、外に設置している外灯やコンセントの防水性が劣化している場合も、このような症状は起こりえます。こちらも漏電箇所の特定が難しいため、プロに依頼するのが賢明でしょう。

 

●漏電ブレーカーが落ちる
ご家庭にある分電盤内には、電気の使用量が超過した場合に落ちるメインブレーカーがあります。その右側を見ていただくともうひとつスイッチがあるはずです。それが漏電ブレーカーと呼ばれるものになります。漏電ブレーカーは電気機器の破損や湿気・結露などによってショートが起きた場合に落ちるため、何度もブレーカーが落ちるようであれば要注意です。

 

漏電が起きていれば以上のような症状が見られます。特徴を知っておくことでいち早く危険を察知することができるでしょう。雨漏りが発生しやすい箇所もいくつかあるので、より安全を求めるために知っておくとよいかもしれません。

 

  • ・屋根の破損がある部分
  • ・ベランダのヒビ
  • ・サッシ枠と防水シートの隙間
  • ・給排水管
  • ・天窓

 

 

 

突然の雨漏りを発見したら、応急処置をしよう!

雨漏りした天井はすぐに応急処置をして2次被害を防ぐ

 

雨漏りは突然起きることが多いため、対処法が分からなければ焦ってしまうことでしょう。少しの雨漏りでも放置していては漏電の原因にもなりかねません。自分でできる簡単な応急処置を知って、被害の拡大を少しでも減らすようにしましょう。

 

●ビニールシートをかぶせる
屋根からの雨漏りを発見した場合はビニールシートをかぶせるのが効果的です。ホームセンターなどで比較的安価で購入することができるため、お手軽に試すことができます。雨漏りの侵入箇所の特定は難しいため、大きめのブルーシートを広範囲にかぶせてあげてください。風などに飛ばされないよう、テープや重りをのせておくとより安心です。しかし高い場所での作業が必要になるため、天候が悪く、心配な方は避けた方がよいかもしれません。

 

●バケツを置く
室内で雨漏りが発見した場合は、水が落ちてくる場所にバケツを置くとよいです。雨水が溜まってきてしまうと、水しぶきが起こり周囲にはねてしまうので、タオルや新聞紙を下に敷いておくとよいでしょう。

 

これらの方法はその場しのぎの応急処置であるため、問題を根本的に解決したという訳ではありません。完全に解決したいとお考えの方は、プロに依頼することをおすすめします。

 

強風によって雨漏りが発生した場合は、風災補償と呼ばれる保険が適用されることがあります。風災補償は火災保険や住宅総合保険に含まれていることが多いので、雨漏りにお困りの方は申請してみてもよいかもしれません。しかし、すべての雨漏りが保険適用内ではありません。雨漏りが発生したらどのような状態なのか把握し、保険が適応可能なのか確認するとよいでしょう。

 

まとめ

雨漏りによって電気が漏れてしまうと、火災や感電などの大規模な事故に巻き込まれる危険性があります。原因を理解することで、それらの発生を未然に防ぐことができるでしょう。見られる症状も理解しておくことで、いち早く水漏れに対応することもできるはずです。

 

応急処置法もご紹介しましたが、雨漏りは問題を根本的に解決しなくてはいけません。漏電の危険性はもちろん住宅が劣化する恐れもあるので、症状に心当たりのある方は一度プロに調査してもらった方がよいかもしれません。問題をしっかりと解決することで、普段の生活もより安心することができるはずです。