雨漏り修理ならお任せください!|雨漏りの原因

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7840

フリーダイヤル0800-805-7840

最新情報・レポート

雨漏り修理.com|雨漏り修理:25,000円~&年中無休で対応の投稿記事ページです

雨漏りの原因

そのまま放置しておくと建物をもろくしてしまうと言われている雨漏り。雨漏りが止まらないということは大きな悩みでもありストレスでもあります。ですが雨漏りも何か原因がないとおこりません。雨漏りが止まらないということは必ずどこかに原因があるはずです。まず、雨漏りを引きおこす直接的な原因は、屋根にヒビ割れができている、屋根の一部分が浮き出ている、コーティングが剥がれているなどが挙げられます。これらの部分に不具合がある場合ここから直接雨水が入ってくるのでそれが雨漏りへと繋がります。次に雨漏りの間接的な原因です。間接的な原因とは先ほど述べたような不具合がおきてしまった理由です。間接的な原因の中で最も大きいのはやはり天候被害です。台風などのときに発生する突風や強風、それに加え強い雨。これらが原因で屋根にヒビ割れができたり、屋根の一部分が浮き出てきたりと直接的な原因へと繋がっていくのです。このような原因の他にも建物自体の老朽化が悪化することでも雨漏りはおきます。通常の場合、屋根の耐久年数は20年~30年ほどだと言われています。屋根の耐久性が落ちることによって雨水を防ぎきれなくなり雨漏りしてしまうのです。雨漏りの原因にはさまざまなものがありますが、どれも定期的にメンテナンスをしていれば防げる可能性があるものばかりです。