雨漏り修理ならお任せください!|建物の防水工事に困ったら?ウレタン防水が選ばれる理由教えます

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7840

フリーダイヤル0800-805-7840

最新情報・レポート

雨漏り修理.com|雨漏り修理:25,000円~&年中無休で対応のコラム記事ページです

建物の防水工事に困ったら?ウレタン防水が選ばれる理由教えます

建物の防水工事に困ったら?ウレタン防水が選ばれる理由教えます

 

建物の防水工事をしようと思っても、「何をすればいいか分からない」と悩んでしまうことがあると思います。マンションのような大きな建物の防水工事はどうすればいいのか。どんな施工方法があるのか気になります。そんな悩んでいる人のために、「ウレタン防水」という防水方法をオススメします。ウレタン防水とはいったいどのような施工方法なのか、どんな手順でおこなわれるのか。ウレタン防水が選ばれる理由を紹介していきます。

防水の必要性

まず、建物に対する防水の必要性について考えてみます。建物を防水するにはいったいどのような施工が必要なのか。その一つ「塗膜防水」について説明していきます。

 

どうして防水が必要なのか

建物の防水として一番気になるのは「雨対策」です。雨漏りが起こらないように常に気にしなければいけません。それでは、マンションなどの大きな建物では防水は必要なのでしょうか。マンションは鉄筋コンクリートでできているので、「頑丈で雨漏りなんか起こらないだろう」と考えてしまう人もいるのではないでしょうか。

 

それは大きな間違いで、コンクリートはひび割れが起こってしまい、そこから雨水が侵入して雨漏りをはじめ、建物の劣化につながってきます。放置して建物が壊れていかないように、防水対策が必要になってくるということです。

 

塗膜防水とは

建物の防水工事のやり方の一つです。防水工事には色んな種類がありますが、塗膜防水が主流となってきています。塗膜防水は液体が主原料で、建物に直接塗って防水加工を行います。塗膜防水の中には2種類の防水方法があって、現在防水工事として半数を占めている「ウレタン防水」と、徐々に注目されてきている「FRP防水」です。ここでは、塗膜防水の中で主流となってきている「ウレタン防水」について説明していきます。

 

ウレタン防水について

ウレタン防水について

 

防水工事としてよく使われるようになっている「ウレタン防水」です。それでは、いったいどんな場所で使われているのでしょうか。また、ウレタン防水に関するメリットとデメリットについても解説していきます。

 

どんなところで使われる?

マンションなどの建物の中で、ウレタン防水は以下のような場所で使われています。

 

  • ●屋上
  • ●ベランダ
  • ●バルコニーの床
  • ●外廊下
  • ●外階段
  • ●駐車場
  •  

    主に雨が直接当たる場所、雨漏りが発生しそうな場所によく防水加工されています。とくに屋根のない場所では直接雨が当たってしまうので、防水が必要になってきます。

     

    メリット

    ウレタン防水を使うことによって得ることができるメリットについて書いていきます。

     

    ●つなぎ目なく防水することができる

    液体を塗って防水加工するのでとても馴染みやすく、つなぎ目なく防水することが可能です。建物はどうしてもつなぎ目があると、水が入ってきてしまうので、ウレタン防水することで水漏れを防ぐことができます。

    ●重ね塗りが可能

    例えば、以前に違う防水塗装が行われている状態でも、上から塗ることでウレタン防水加工をすることができます。

    ●施工が簡単で、安価

    建物に直接塗るだけなので施工が簡単で、防水工事の中でも安価に済ませることができます。

     

    デメリット

    ウレタン防水で起こるデメリットについて書いていきます。

     

    ●重ね塗りが必要

    建物の防水を高めるためには、2度・3度の重ね塗りが必要になってきます。一度塗っただけでは防水加工ができない状態になるので、注意が必要です。

    ●トップコートを塗ると防水層がわからなくなる

    ウレタン防水塗装の最後の工程で、トップコートを塗ります。このトップコートを塗ってしまうと、中の重ね塗りした層が分からなくなってしまいます。ちゃんと重ね塗りを行ったか確認してから、トップコートを塗るようにしてください。

     

    メリットとデメリットを比較してみて、ウレタン防水は目立ったデメリットはなく、安価に済ませることができることが分かりました。

     

    施工の工程

    次に、ウレタン防水の施工の工程を順番に説明していきます。

     

    ① 高圧洗浄

    塗装を行う下準備として、まずは下地をキレイに整えていきます。高圧洗浄で汚れを落としながら、ひび割れが起こっている場所を確認して事前に補修をしていきます。

     

    ② 下塗り

    下塗りとして最初に塗る塗装として、プライマーという塗料を塗ります。プライマーを最初に塗ることで、ウレタン防水の密着性を上げることができます。

     

    ③ ウレタン防水(中塗り)

    ローラーを利用して、ウレタン防水の塗装を行っていきます。塗り残しがないように隅から隅まで塗るように注意してください。

     

    ④ ウレタン防水(上塗り)

    最初に塗ったウレタンが固まったら、ウレタン防水の塗装を繰り返し行っていきます。厚みが出るように繰り返し塗って、ウレタン防水の層を作るようにしてください。

     

    ⑤ トップコート塗布

    防水の層ができたら、最後にトップコートを塗っていきます。トップコートは防水機能を持っていません。トップコートの役割は、紫外線から防水層を守って劣化を防ぐことです。

     

    ウレタン防水の補修のタイミングを知ろう

    ウレタン防水の補修のタイミングを知ろう

     

    ウレタン防水も日が経っていけば寿命がやってきます。ウレタン防水を長く使っていくためにも、補修のタイミングを知る必要があります。

     

    補修のポイント

    ウレタン防水の補修が必要になってくる現象や症状を、以下にまとめてみました。

     

  • ●表面が黄色くなっていく
  • ●ひび割れを見つけてしまった
  • ●雨上がりに水が溜まってしまっている
  •  

    このような現象が見られたら、トップコートが剥がれてしまって防水層の劣化が始まっているかもしれません。防水層の補修を行うようにしてください。

     

    業者に依頼しよう

    屋上のウレタン防水など、面積の広い場所での防水塗装はDIY感覚でやるのは難しいかもしれません。専門の業者ならよりしっかりとした施工を行ってくれるので、頼ってみてはいかがでしょうか?

     

    ウレタン防水を行った後で、以下の症状がでたらすぐに専門の業者に修理を依頼してください。

     

  • ●雨漏りするようになってしまった
  • ●防水層が膨れてしまっている
  • ●排水溝にゴミがたまってしまって水が外に流れない
  •  

    防水層が完全に劣化してしまって、防水ができていない状態になってきているので、修理が必要です。修理を依頼するときには、見積りの段階で施工内容を確認するようにしてください。何度も重ね塗りがされているか、防水層ができているかを、見積り段階でしっかりと説明してくれるような良い専門業者を選べば、施工後の水のトラブルに合わずに済むことでしょう。

     

    まとめ

    塗膜防水の一つとしてウレタン防水について説明していきました。ウレタン防水についてのポイントをまとめてみたので、確認してみましょう。

     

  • ●ウレタン防水は、液体を塗るだけの簡単な内容で、安価で施工することができる
  • ●液体での塗布なので、つなぎ目ない防水が可能
  • ●重ね塗りが必要になるぐらいで、大きなデメリットがない
  • ●トップコートの変色が見えたり、防水層に異変を感じたら補修が必要
  • ●しっかりと施工を行ってくれる専門の業者に依頼することをオススメ
  • ●ウレタン防水は重ね塗りが必要になるので、見積り時点でも注意するようにしよう
  •  

    以上のように、簡単に塗るだけでできる作業かもしれませんが、屋上など大きな面積を施工するとなれば作業量も多くなってしまうので、プロの専門業者に依頼することをオススメします。しっかりと見積もりを行って、安心できる業者にまかせましょう。