雨漏り修理ならお任せください!|雨漏り応急処置マニュアル!室内の被害を最低限に

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7840

フリーダイヤル0800-805-7840

最新情報・レポート

雨漏り修理.com|雨漏り修理:25,000円~&年中無休で対応のコラム記事ページです

雨漏り応急処置マニュアル!室内の被害を最低限に

雨漏り応急処置マニュアル!室内の被害を最低限に

自宅やオフィスの天井から、突然の雨漏り…。その原因は、突風や暴風雨、経年劣化などによって屋根の一部に隙間ができることや、施工不良などが挙げられます。雨漏りをそのままにしておくと、屋根に雨水が染み渡って大量のカビが発生したり、ボロボロになったり、最悪の場合は屋根が崩落してしまうこともあります。「専門業者に連絡したけど、すぐに来てくれない」というときは、自分で応急処置をおこないましょう。今回は、自分でできる雨漏りの応急処置の方法や注意点などをご紹介します。




応急処置で室内の被害を最小限に

雨漏りがはじまってしまったとき、専門業者に連絡してもなかなか来てくれないことがあります。業者を待っている間にも雨漏りは悪化し、室内にも屋根にも被害が広がってしまいます。まだ雨が降っていたり外が暗かったりなど、自分で屋根を確認しに行くのが危険な場合もあります。そんなときは室内の被害を最小限にするために、以下の方法を試してみてください。


・バケツを置いてカビやシミを防ぐ

雨漏りしている箇所の下にバケツを置いて、室内が濡れるのを防ぎます。バケツに水が溜まってくると水しぶきが起こり、周囲の床にはねてしまいますので、バケツの下には新聞紙や雑巾、レジャーシートなどを敷いておきましょう。


また、テープや押しピンを使って天井にビニール袋を固定し、一番下の部分に穴をあけてバケツの中に誘導させれば飛び散りやシミの広がりを少なくすることができます。屋根裏を確認することができる場合は、雨漏りしている箇所の下にバケツを置いたり、レジャーシートやブルーシートを敷いたりして室内に浸入してくるのを防ぎましょう。


・雑巾で水を吸い取る

窓やサッシからの雨漏りは、ビニールシートやゴミ袋を敷いて、雑巾で水を吸い取ります。 窓際のカーテンは、水分が付着したままだとカビやシミの原因になるため、早めに取り外すか、上のほうに短くまとめておくとよいでしょう。


自分でも簡単にできる応急処置

自分でも簡単にできる応急処置

自分で簡単にできる応急処置として、ブルーシートを使った方法があります。ホームセンターなどで簡単に購入でき、値段もお手頃なのでおすすめです。まず、ブルーシートを雨漏りしている箇所にかぶせます。その際、ブルーシートをできるだけ広範囲を覆うようにしてください。想定外の場所から雨水が浸入していることが多々あるので、雨漏り箇所を正確に特定するのはプロでも難しい作業なのです。


雨水の流れや経路を考えると室内に雨漏りしている箇所よりも上側になるため、雨水が浸入しているところより上部のほうから広範囲にブルーシートをかぶせるとよいでしょう。ブルーシートで屋根を覆ったら、風で飛ばされないようにテープで固定するか、砂利を詰めた土嚢袋などのおもりを置いておきます。


ビニールシートをひもやロープで固定しようとすると、家や屋根を傷つける場合があるので注意が必要です。また、おもりの中身を細かい砂にすると、雨が降ったときに泥水となって土嚢袋からにじみ出てきてしまうことがあります。粗目の砂利を入れて、土嚢袋の口をしっかりと縛っておきましょう。


難易度の高い応急処置

少し難易度が高い応急処置になりますが、以下の2点の方法をご紹介します。

・防水テープを利用する

トタン屋根や陸屋根の場合に限り、防水テープを使用できます。また、この方法は確実に雨水の浸入箇所がハッキリわかっている場合のみ適応できます。まずは雨漏りしている箇所の周りを雑巾などできれいに拭きましょう。埃や砂、油や水分などがあるとテープの粘着力がなくなり、すぐに剥がれてしまいます。テープを貼る面をキレイにした後は、雨水の流れる方向を考えて、下流から上流に向かって貼っていきます。そのときテープの貼る面に空気が入らないように、しっかり押さえながら貼っていくのがポイントです。


・コーキング剤を利用する

コーキング剤とは、目地や隙間などを埋めて密封、防水の機能をもたせる材料です。コーキング剤とコーキングガンを使って隙間を埋めることも雨漏りの応急処置としては効果的です。ただし、防水テープ同様、確実に雨水の浸入箇所が判明している場合のみおこなってください。


まず、雑巾で侵入箇所の周りのほこりや汚れなどを拭き取ります。次に、コーキング剤がはみ出して他の箇所に付着しないよう、マスキングテープを貼って周囲をガードします。それからコーキング剤を塗っていき、終わったらコーキング剤が乾く前にマスキングテープを剥がし、コーキング剤を乾かします。また、事前にコーキング剤の接着力を高めるプライマーという液体を塗布すると効果をアップさせられます。プライマーを使用した場合は、プライマーがしっかりと乾いてからコーキングを塗っていきましょう。


雨漏りの修理はプロに任せる

雨漏りの修理はプロに任せる

屋根の上での作業は、上り下りも含めて危険です。雨が降っているときや高い場所が苦手で不安な方は無理をしないようにしましょう。作業をおこなうときは屋根に上がる際の補助や怪我をしたときの対応などができるよう、2人1組での作業をおすすめします。


自分で応急処置をすることで、かえって他の雨漏り箇所をつくってしまったり、屋根から落ちてケガをしてしまったりする可能性もあります。無事に応急処置をしたとしてもきちんと原因を調べることはできません。自分で応急処置をした場合でも、その後は早めに業者に連絡をして根本的な修理をしてもらいましょう。


ちなみに、専門業者に雨漏りの応急処置を依頼した場合の料金は数万円ほどといわれています。雨漏りの状態や範囲によっても費用が変わりますが、自分で応急処置をして被害が大きくなるよりはプロに任せたほうが安心です。何より、屋根の上に登ってケガをする心配もありません。


業者に問合せが集中するのは、台風が通過してから数日後。そのため、混雑前に調査の予約をしておくことをおすすめします。予約をしておけば決まった日程に来てくれますし、雨漏り修理も早めに完了します。もし台風後に雨漏りしなかったとしても、屋根の点検をしてもらえば今後に備えることができます。


まとめ

バケツやレジャーシートなどを応急処置セットとして置いておけば、急な雨漏りがあっても安心です。簡単に対処できる方法としては雨漏りの下にバケツを置くことですが、室内や屋根の被害を最小限にするためにも、雨水の侵入箇所をしっかりと防ぐことが重要です。


しかし、屋根の上での作業は危険がつきもの。自分でおこなった応急処置が雨漏りを悪化させることにもつながりかねません。雨漏りに気付いたときはもちろん、台風の前などで心配な場合はなるべく早く業者に連絡をして対策をしてもらいましょう。