雨漏り修理ならお任せください!|雨漏りを起こさないためにすること

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7840

フリーダイヤル0800-805-7840

最新情報・レポート

雨漏り修理.com|雨漏り修理:25,000円~&年中無休で対応のコラム記事ページです

雨漏りを起こさないためにすること

絶対に雨漏りしない住宅というのはありません。築年数が伸びれば伸びるほど住宅の老朽化は進み、定期的なメンテナンスをしていないと、ひび割れなどが起こり、そこから雨漏りが発生するのです。また、古い住宅でなくても雨漏りが起きることはあります。仮に新築であっても100%雨漏りが起きないとはいえません。建築時のミスなどが原因で雨漏りが起こることがあるのです。ですが、なかには一度も雨漏りしたことがないという住宅もあるでしょう。そういった住宅と雨漏りが起こる住宅ではなにが違うのでしょうか。それは、定期的なメンテナンスや住宅のチェックを行っているかどうかの違いです。住宅が建てられたときに外壁や屋根に塗布される塗装剤には防水効果があります。塗装剤を塗布することにより防水皮膜が張られますが、この被膜は経年により徐々にはがれていきます。一般的には約10年で塗り替え時期と言われています。塗装剤の寿命が来る時期にしっかり外壁や屋根の塗装を直すことで、新たな皮膜が張られ防水性能を維持できるのです。また、住宅の状態をチェックする必要もあります。屋根瓦や外壁にひび割れがないか、漆喰の剥がれはないか、など、チェックするポイントはいろいろあります。素人目ではわからないこともあるため、こういったメンテナンスを業者に行ってもらうことで、雨漏りが起こりにくい住宅にすることはできるのです。住宅の寿命を伸ばすためにも、定期的なメンテナンスはかかさずに行いましょう。