雨漏り修理ならお任せください!|雨漏りはなぜ起こるのか

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7840

フリーダイヤル0800-805-7840

最新情報・レポート

雨漏り修理.com|雨漏り修理:25,000円~&年中無休で対応のコラム記事ページです

雨漏りはなぜ起こるのか

天井からぽたぽた水が垂れてきてバケツで受ける、なんて嫌ですよね。そんな方に雨漏りの原因についてご説明しましょう。 一番多いのはやはり老朽化です。屋根の瓦のひび割れや剥がれ落ちることで隙間ができ、そこから雨水が入り込みます。 屋根には防水シートなどがあるので、すぐ水が入り込むわけではありません。ですが防水シートの役割はあくまで排水であり、サポートの役目が強いです。 ですから屋根の防水はしっかりしている、と思わず定期的にメンテナンスを行ったほうが良いと思われます。 新築でも雨漏りは発生しうる危険性があり、この場合、主な原因は施工不備などがあげられます。 例えば、窓にある防水紙の張り方やサッシ部分の埋め込み方に不備があると、隙間ができて雨漏りが発生するのです。 一刻も早い防水処理が必要です。新築後から一定期間は保証がありますので、雨漏りが疑われたらすぐに相談することをお勧めします。 ただ、雨漏りは上からだけとは限りません。壁から雨水が浸入する恐れもあります。素材により寿命は異なりますが、これに関してはある程度目視で判断できます。 シーリングを利用している場合は、接続部のヒビや素材自体のヒビなど、いかにも水が入りそうな場所があると危険です。 ※ちなみにシーリングとは、レンガなどの素材を合成樹脂やゴムで埋め固めた形式です。 塗り壁を利用している場合だと、ヒビ割れ、反り返りや膨らみ、白い粉が手につく、などがあげられます。 もし上記のように雨漏りや兆候を発見したら、早めに修理を依頼しましょう。