雨漏り修理ならお任せください!|雨漏りの意外なサイン

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7840

フリーダイヤル0800-805-7840

最新情報・レポート

雨漏り修理.com|雨漏り修理:25,000円~&年中無休で対応のコラム記事ページです

雨漏りの意外なサイン

「雨漏り」と聞くと、多くの方が天井から水滴がポタポタと落ちている様子を思い浮かべるかもしれません。しかし、これは非常に分かりやすい状況ですが、ここまでになってくるとサインといえるほど軽いものではなく、重症化している恐れもあります。実は、このほかにも一見すると雨漏りとは思えない症状が、雨漏りが起こっていることを伝えるサインだった…ということがよくあります。例えば、天井や床などにシミが出来ていたり、湿っているように感じられる現象もそのひとつ。また、特に雨の日に使用したわけでもないのに、玄関に置いてあるだけの靴などの革製品にいつの間にかカビが生えていた、というような症状も雨漏りのサインとして現れることがあります。これらは、とても小さな現象にも思えてしまいますが、放置しておくと、目に見えないところで雨漏りがどんどん進行してしまう危険性があります。このように雨漏りは、予想もしないような場所にもサインとして現れます。そのため、目に見えて分かる状態は、既に天井裏の水分が飽和状態になっている可能性が高く、緊急に雨漏り修理をしなければならない場合があるのです。 こういった雨漏りのサインを発見した際には、例え目視できる雨漏りが無くても、修理業者に雨漏りが起こっていないかどうかだけでも調査してもらう必要があります。そうしないと、気付かない間に状況を悪化させてしまうことになり、雨漏りの水分によって家の建築資材が腐敗し、最悪の場合は建物全体を大がかりに修理する必要が出てきてしまうことにもなります。逆に言えば、症状が軽いうちに業者にチェックしてもらっておけば、修理が必要な場合でも結果的には最低限の修理だけで済むことになるのです。「小さなサインだから」と見逃すことはせず、異変に気付いたときには、躊躇せずに雨漏り修理の業者に相談することを心がけましょう。