雨漏り修理ならお任せください!|雨漏りの恐ろしさ

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7840

フリーダイヤル0800-805-7840

最新情報・レポート

雨漏り修理.com|雨漏り修理:25,000円~&年中無休で対応のコラム記事ページです

雨漏りの恐ろしさ

皆様は雨漏りの恐ろしさをご存知でしょうか。雨漏りは築年数の新しい建物にも発生する住宅被害の代表です。雨水が家屋に侵入することを「一時被害」、それが引き金になって建物に支障が出ることを「二次被害」「三次被害」と呼びますが、一次被害に気付いた時点ですでに二次被害も進行しているケースが多く、その場合早急な対応が必要です。 最初に気付く二次被害がシミによる汚れです。雨漏りが原因で天井や壁などにシミが発生し見栄えが悪くなります。特に壁のクロスは、雨水が接着剤の千若力を緩めるため非常にはがれやすくなり、根本的に修理しない限り何度張り替えても同じ結果を引き起こしてしまいます。 また、シミと同時に発生する可能性があるのがカビです。カビは高温多湿と呼ばれる環境を好み、空気中の汚れや木材などの建築資材を餌にして増殖してしまします。カビは微力ではあるものの材質を劣化させる力を持ちます。防カビ対策を行わないと塗装で上乗りしても効果はありません。 二次被害は、木材の腐食や損傷、接骨のサビによる耐久性の成果、漏電などまだまだありますが、最も恐ろしいのが三次被害である漏電です。雨水が天井裏からブレーカに流れていった場合、電気製品が漏れて漏電を引き起こすことがあります。水は電気を通しやすいので、漏電により電気の通り道ができると火災が発生する恐れがあるのです。 このように雨漏りはとっても恐ろしいのです。少しでも雨漏りの心配があるのならば、すぐに業者にみてもらいましょう。