雨漏り修理ならお任せください!|雨漏りの原因は屋根?

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7840

フリーダイヤル0800-805-7840

最新情報・レポート

雨漏り修理.com|雨漏り修理:25,000円~&年中無休で対応のコラム記事ページです

雨漏りの原因は屋根?

雨漏りと聞くと、よく屋根からポタポタと水が滴り落ちてくるイメージがありますが、 実は雨漏りの原因は決して屋根とは限らないのです。 雨漏りの大きな原因となるのは屋根の瓦が割れたり、ズレが生じたりすることによって、 瓦の下の防水シートに水が入ってきます。防水シートといいますが、完全に水を防いでくれるものではなく、 どちらかと言うと瓦で防ぎきれなかった水を排水しやすくするためにに敷かれているものですので、 完全に水が防げるように隙間なくシートが敷くという施工をしているところも少ないようです。 瓦の破損に伴って防水シート自体も劣化が進んでしまいます。 こうして防水シートの隙間から水が入ってきてしまって雨漏りをするというケースも多いのですが、 雨漏りの原因が外壁ということも考えられます。 サッシの隙間や外壁同士の繋ぎ目からひび割れが生じることで、そこから雨が染みこんでくる場合や、 外壁全体の防水機能の低下、または建物の施工の段階できちんとい防水加工がなされていない場合も考えられます。 放っておくとどんどん被害が深刻になるばかりでなく、生活の上で大きなストレスとなり得る雨漏り。 早めに雨漏り修理のプロに相談することで修繕にかける費用なども軽減できます。 おかしいな?と思った時は雨漏り修理のプロに相談しましょう。