雨漏り修理ならお任せください!|雨漏りで瓦が落ちる?

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7840

フリーダイヤル0800-805-7840

最新情報・レポート

雨漏り修理.com|雨漏り修理:25,000円~&年中無休で対応のコラム記事ページです

雨漏りで瓦が落ちる?

「雨垂れ石を穿つ」ということわざがあります。言葉の意味としては、小さな努力でも長年積み重なると大きな結果につながるという教訓を伝えるものとされています。
軒下からポタポタ垂れる雨の水滴が地面の石に長年当たり続けると、だんだんそこに穴が空くという現象にも当てはまることではないでしょうか。

見た目では分からないような小さな雨漏りでも、長く放置し続けることで瓦が屋根から落下するような事態につながる可能性があります。 お家の屋根材として一般的な瓦は、耐久性と耐水性に富んでおりなかなか壊れにくいものですが、その下地となる漆喰やセメントには水を吸う性質があると言われています。わずかに雨漏りしているだけでも、下地に水がしみ込んでカビが生えたり金属部分がサビついたりとだんだん劣化することがあります。
また、冬の気候でひび割れに入り込んだ雨水が凍りつくと、氷は水よりも体積が大きいためひび割れを押し広げ、より多くの水が入り込む可能性があります。その水が凍ってさらにひび割れを大きくし、やがて大規模な崩壊につながっていくおそれもあります。
雨漏りが目に見えるまで進行してからでは、修理費用も高くなりがちです。早期に発見できるよう、お家の屋根を定期的に点検することが大切です。点検の際は、雨漏り修理のプロに適切に点検してもらいましょう。