雨漏り修理ならお任せください!|雨漏りしない家とは

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7840

フリーダイヤル0800-805-7840

最新情報・レポート

雨漏り修理.com|雨漏り修理:25,000円~&年中無休で対応のコラム記事ページです

雨漏りしない家とは

大雨や台風などの影響で天井や壁から雨漏りしてしまう事があります。なかには「築20年だけど一度も雨漏りしたことがない」という住宅もあるかと思います。では、雨漏りしてしまった家と、しない家にはどんな違いがあるのでしょうか。そもそも、「絶対に雨漏りしない家」と言うものは存在しません。基本的にどんな住宅でも雨漏りする可能性はあるのです。
しかし、雨漏り対策が万全な家とそうでない家とでは雨漏りが起こる確率が大きく変わるのは確かですが、雨漏りが起こる一番の原因は建物の老朽化なのです。どんな住宅でも10年20年と住んでいれば老朽化していくように、防水処理や外壁、屋根にも寿命はあります。しかし、そういった部分を定期的にしっかりメンテナンスすることで、「絶対に雨漏りしない」家を作ることは出来ませんが、「雨漏りしたことがない家」を作ることは出来るのです。
雨漏りを未然に防ぐための屋根のチェックポイントをいくつか紹介したいと思います。チェックポイントは「軒の裏のシミ」「瓦のひび、欠け」「棟の漆喰のはがれ」「雨樋のひび割れ、ゴミ詰まり」です。軒裏のシミには塗装の剥がれや水切り不良の可能性が考えられます。欠けている瓦やひびの入った瓦を放置しておくと、屋根の防水性能を低下させるため、そこから雨漏りが起こる可能性があります。漆喰のチェックは難しいですがはがれていると棟の下から簡単に雨漏りを起こします。雨樋の不調を放置すると水漏れの原因になります。
このようにいくつかのチェックポイントを確認し、事前に対策を取ることで、雨漏りを未然に防ぐ事につながるのです。しかし、個人での防水処理は難しいため、業者に依頼し対策をしてもらいましょう。