雨漏り修理ならお任せください!|雨漏りが原因でさらに被害を呼びます

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7840

フリーダイヤル0800-805-7840

最新情報・レポート

雨漏り修理.com|雨漏り修理:25,000円~&年中無休で対応のコラム記事ページです

雨漏りが原因でさらに被害を呼びます

住宅の老朽化や塗装剤の寿命などが原因で雨漏りを起こしてしまうことがあります。特に台風や梅雨など雨が多い時期にはそのリスクが高まります。雨漏りを起こした家は原因を取り除くだけでなく、雨漏りを起こした部分に適切な処置をしなければなりません。原因を取り除いたからと言って、雨漏りが起きた部分を放置していると、2次被害、3次被害と新たな被害を呼ぶことになります。雨漏りが起きると、そのサインとして、天井や壁に染みができ、雨が漏れ出します。この段階で既にカビや腐食菌の発生といった2次被害が起き始めます。これらを放置すると、木材の腐食が始まります。木材が腐食し始めると、今度はシロアリが発生するのです。シロアリは湿気が多い環境と、腐食して柔らかくなった木を好むため、どこからともなくあらわれます。また、シロアリを求めてクロアリが発生することもあるのです。クロアリはシロアリを捕食する事があるため、シロアリにつられて発生し、そのまま木材に巣を作ることもあります。シロアリの食害やクロアリの被害を受けた木材はボロボロになってしまい、耐久性が落ちます。さらにこの状態を放置すると、台風や地震などの災害時に、住宅が倒壊する恐れもあるのです。耐久性の低下した木材では、災害のエネルギーに耐えきれないこともあるのです。このように雨漏りが原因で様々な被害が住宅に発生する可能性があります。最終的には住宅だけでなく、そこに住む人にも被害を与えかねません。雨漏りが起きたときには、原因を取り除くだけでなく、その周辺の修理やメンテナンスも行いましょう。