雨漏り修理ならお任せください!|雨漏りが与える建物へのダメージ

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7840

フリーダイヤル0800-805-7840

最新情報・レポート

雨漏り修理.com|雨漏り修理:25,000円~&年中無休で対応のコラム記事ページです

雨漏りが与える建物へのダメージ

屋根などの劣化や破損が原因で雨水が建物内に浸入することを雨漏りといいますが、雨漏りの修理をせずに放っておくと建物が受けるダメージは更に深刻なものになっていきます。天井に雨水が染みこんでいるのを発見し、雨漏りしているのに気づくケースが多く、この場合屋根から雨水が浸入していると思われる方が非常に多いです。しかし、天井に雨水が染みこんでいる場合であっても雨水の浸入経路は屋根だけではなく、外壁・ベランダ・サッシなどからも考えられます。雨水の浸入経路となったところは当然濡れています。雨水が通ったところが木材であれば傷んだり、腐ってしまいますし、サッシや金属部分はサビついてしまうことがあります。更に、木材が腐ることでシロアリが住みつきやすくなったり、湿気が多くなることからカビが発生しやすくなります。このように雨漏りを放っておくと、雨水が浸入してくる入口、排水される出口となっている場所以外にも、建物全体にダメージを与えることになり、建物自体の耐久性や価値が下がってしまいます。また、建物だけでなく電気配線や電気設備などに雨水が落ちてしまうと漏電しショートする可能性もあり、電化製品の故障、火災の危険性も生じますので、雨漏りに気づいたら、早めに修理をするようにしましょう。