雨漏り修理ならお任せください!|防水シートの修理はお早めに

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7840

フリーダイヤル0800-805-7840

最新情報・レポート

雨漏り修理.com|雨漏り修理:25,000円~&年中無休で対応のコラム記事ページです

防水シートの修理はお早めに

日本の家といえば、なんといっても瓦屋根が多いことで知られています。最近は瓦屋根ではなく、カラーベストなどを用いたスレート葺の屋根も増えてきましたが、やはり瓦屋根というのは見ていて落ち着きますし、家の風格というのも、カラーベストやガルバリウム鋼板の屋根に比べて高くなります。 ところで皆さんは、瓦屋根がどうやって防水工事されているか知っていますか? 瓦は基本的に水を弾きますので、びっしりと並べられた瓦は、水を傾斜に寄って下に流すことができます。また、瓦の下には防水シートが敷いてあり、万が一水が瓦より下に侵入したとしても、防水シートでそれ以上水が侵入することを防いでいます。 しかし、防水シートが有るとはいえ油断は禁物です。瓦自体は、数十年以上の耐久性を誇り、一般的に使われる釉薬瓦は、60年くらいと言われています。 一方、瓦の下に敷いてある防水シートは、ゴムやビニールで出来ているため、比較的短期間で劣化します。持っても10年から20年程度と言われており、この差が雨漏りの原因となることがあります。 防水シートが劣化して穴が開くと、台風などで巻き上げられた水が瓦の隙間から侵入し、雨漏りが起きます。 普段は雨漏りしないのに、風が強い時に雨漏りする場合は防水シートの劣化が原因かもしれません。 お早めに修理をご依頼されることをオススメします。