雨漏り修理ならお任せください!|起こる劣化に備えましょう

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7840

フリーダイヤル0800-805-7840

最新情報・レポート

雨漏り修理.com|雨漏り修理:25,000円~&年中無休で対応のコラム記事ページです

起こる劣化に備えましょう

住宅の中はいつでも安全!そう思われている方も多いことでしょう。しかし、どんなものにも経年劣化が起こることから、住宅もいつかは安全な場所とは言えなくなってしまうのです。その理由として、屋根や外壁の劣化による雨漏りを挙げることができます。雨漏りが起きてしまった住宅は、耐久性の低下を回避することができないため、事前の対策が必要です。常に外気に晒され続けている住宅にとって、屋根や外壁は耐えることができるよう施工されており、耐久性を維持するためにも塗装作業が行われています。風雨や気温の変化の影響を、長年受け続けてしまうことから、塗料は剥がれてしまいヒビが発生してしまいます。また地震などの地面の揺れが、負担となって蓄積することで屋根材がずれてしまうのです。それらの箇所から雨水が入り込めば、建材の腐敗やカビの発生が考えられます。さらに湿気のある環境を好むシロアリを呼び寄せやすくしてしまうため、住宅の耐久性が低下してしまう原因と言えるのです。このような被害を回避するためには、定期的な確認を行うことが最善の方法ですが、屋根の上に登ることは転落の危険性もあり、また知識の無い方が行う修理作業は、より被害を拡大してしまう可能性もあることから、お薦めできません。そのため、5年の間隔で状態の確認を目視で行い、地震などの自然災害が起きた際には5年が経過していなくとも確認を行うことが適切です。目視の範囲で状態の異変を感じた際には、対応している業者へ依頼し、安全な住宅を取り戻しましょう。