雨漏り修理ならお任せください!|見落としがちな雨樋

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7840

フリーダイヤル0800-805-7840

最新情報・レポート

雨漏り修理.com|雨漏り修理:25,000円~&年中無休で対応のコラム記事ページです

見落としがちな雨樋

雨漏りが発生した場合、発生源としても最も疑わしいのが屋根です。実際に、経年劣化や災害による傷みから屋根の機能が低下し、屋根から雨漏りが発生するケースが多いです。しかし、雨漏りの発生原因は必ずしも屋根からというわけではありません。時には、壁の亀裂から雨水が浸入してくることもあるのです。築年数が経っている場合や、壁の塗装が剥がれている場合は要注意です。
壁からの雨漏りでもう一つ注意して欲しいのが、雨樋の存在です。雨樋は、屋根の上を流れる雨を誘導し、地面や下水に導く設備です。もしも雨樋が無かったり、機能していなかったりする場合は、雨水が壁面を伝って流れる事になります。そうしますと、壁面の劣化が早く進み、壁からの雨漏りが発生しやすくなります。雨漏りとは違いますが、直接雨水が垂れ落ちる事によって、地面が雨でえぐられて基礎周りを弱くしてしまうという問題も引き起こします。
雨樋が壊れてしまう原因として代表的なのが、ゴミの詰まりです。特に「集水器」と呼ばれる部分に、飛来した落ち葉やゴミ、また動物の死骸などが入り込んでいる事があります。他には雨水を通す管や、雨水を受け止める「軒樋(のきどい)」と呼ばれる部分にもゴミが詰まっていることがあります。手の届く範囲なら簡単に掃除する事もできますが、管の内部や高所での作業は難易度が高くなります。ケガを負ってしまってはいけないので、難しいと感じましたら修理業者に依頼するようにしましょう。雨樋もきれいにメンテナンスしてくれるのです。