雨漏り修理ならお任せください!|色々な屋根での雨漏りの原因

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7840

フリーダイヤル0800-805-7840

最新情報・レポート

雨漏り修理.com|雨漏り修理:25,000円~&年中無休で対応のコラム記事ページです

色々な屋根での雨漏りの原因

日本で屋根というと瓦で作った屋根が思い浮かぶかもしれませんが、現代では屋根にも色々な種類ができてきました。トタンの屋根であったり、スレートの屋根であったりと種類を増やしてきたのです。ということはそれぞれに雨漏りの原因があるということですので、それぞれの屋根での雨漏りの原因について見ていきましょう。まずは瓦屋根での雨漏り原因です。瓦屋根は漆喰によって隙間を埋めていますので、この漆喰の部分が劣化などによって剥がれてしまうと雨漏りの原因になってしまいます。漆喰をやり直して雨漏り修理をします。他には瓦が欠けたり、割れたりしてしまっても雨水が入り込みますので、この場合も屋根を変えたり、修理をしたりして対応するのです。トタン屋根の場合は塗装が剥がれてしまうことで腐食が発生し、そこから雨漏りになるケースが多くなっています。錆びなどによってトタンに穴が開き、雨漏りを起こすことも多いです。平たい板を合わせたスレート屋根の場合はひび割れや反りが発生して、それが原因で雨漏りになることが多くなっています。コケが生え、それがスレートを劣化させて雨漏りを発生させることもあるようです。スレート屋根は釘で維持している部分が数多くあり、これが劣化によって抜けたり、錆びたりすることで屋根に被害を出すこともあります。それぞれの屋根で雨漏りの原因がありますが、どれも屋根工事や雨漏り修理などで対応できますので心配する必要はありません。不安でしたら、一度雨漏りの調査を依頼してみてはいかがでしょうか。屋根のどこに不具合があるのかも分かります。