雨漏り修理ならお任せください!|瓦屋根の機能

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7840

フリーダイヤル0800-805-7840

最新情報・レポート

雨漏り修理.com|雨漏り修理:25,000円~&年中無休で対応のコラム記事ページです

瓦屋根の機能

建築技術が多様に発達したことで、日本にある建物の屋根も、軽量な材質を使用した金属屋根、片流れ形状の屋根など、様々なものが見られるようになりました。そうした新しいスタイルの屋根は見た目にも楽しく雨漏りに対する機能もそれぞれ工夫が凝らされていますが、そんな中、日本に古くからある瓦屋根が雨漏りを防ぐ高い効果を持っていることが注目されています。
日本の瓦屋根は約1500年前から作られ始めたと言われていて、各時代で技法を発達させながらも基本的な形は長く変わっていないとされています。それでも瓦屋根が日本建築を代表する屋根として信頼を得ている理由は、その独特の構造にあります。瓦屋根の瓦は他の金属屋根などに比べて一つの屋根に使用する枚数が多く、それぞれが雨水などを下に流す形状をしています。加えて瓦屋根を作る時使われる材料には、瓦や木材の他に土があり、この泥上にこねられた土が僅かに侵入した雨水も通さないぴったりとした接合部分になるのです。こうした瓦屋根はその他の屋根に比べてやや重量があるものの部品同士のズレが発生しにくく、メンテナンスも耐用年数が数100年にもなるとされる瓦の張り具合を整えることで十分なことが多いのだそうです。日本で長く使われている瓦屋根には土地の風土に対応した高い機能がり、それが今も瓦が愛されている理由のようですね。