雨漏り修理ならお任せください!|火災保険が適用されないケースもあります

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7840

フリーダイヤル0800-805-7840

最新情報・レポート

雨漏り修理.com|雨漏り修理:25,000円~&年中無休で対応のコラム記事ページです

火災保険が適用されないケースもあります

雨漏りが発生した際、その原因によっては火災保険がされるケースがあるということをご存知でしょうか。火災保険には、基本的に「風災補償」がついています。この風災補償は、その名の通り台風や竜巻といった強風による被害を補償するもので、毎年台風が上陸する日本においては重要な補償です。実は、雨漏りが発生する原因の多くは、児湯風による屋根や外壁の劣化なのです。そのため、雨漏りが発生しても火災保険の風災補償を利用することで補償を受ける事ができるのです。

ただし、ご注意ください。全ての雨漏りが火災保険によって補償されるというわけではありません。
前述のように、あくまで保証されるのは強風によって被害を受けた場合です。そのため、経年劣化による雨漏りは補償対象になりません。また、強風が原因だったとしても、雨漏りを長期間放置することによって強風が原因なのか経年劣化が原因なのか判断がつきにくくなってしまいます。そうなりますと、補償を受けられる確率が低下してしまいます。これを避けるためにも、雨漏りが発生した際にはすぐに申請するようにしましょう。

雨漏りが発生した際には、このように保険を利用することで費用の負担を減らす事ができます。雨漏り修理は何十万~何百万円と必要になることもありますので、少しでも負担を減らすためにできることをしっかりとやっておきましょう。