雨漏り修理ならお任せください!|春一番が雨漏りの原因に?

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7840

フリーダイヤル0800-805-7840

最新情報・レポート

雨漏り修理.com|雨漏り修理:25,000円~&年中無休で対応のコラム記事ページです

春一番が雨漏りの原因に?

少しずつ暖かい日も増えてきましたが、それと同時に、強い風が吹く日も増えてきたように感じます。この時期になりますと、心配になるのが春一番です。ちょうど3月の頭ほどを中心に発生する春一番は、時に災害や車両の転覆まで引き起こすこともあるほどの強風です。それほどの強風ですから、それが雨漏りの原因になってしまうこともあるのです。それでは、どうして強風が雨漏りを発生させるのでしょうか。

強い風が吹きますと、屋根や壁などに大きなダメージを与えます。
その最たるものが、屋根の棟板金の浮き・剥がれです。棟板金とは、スレート屋根や金属屋根のてっぺんに取り付けられる部材です。この場所は風の影響を受けやすいため、雨漏りの主な原因となる箇所なのです。もしもここから雨漏りが発生した場合には、その下にあるヌキ板まで新しいものに交換する必要があります。
棟板金以外では、瓦屋根の漆喰が崩れたり、屋根材のヒビ割れやズレなどを引き起こすこともあります。
また、屋根以外では外壁から雨漏りが発生することもあります。雨が強風に乗って斜めに降りますと、外壁のヒビ割れから雨水が侵入しやすくなります。風の強い日のみ雨漏りが発生するという場合には、外壁からの雨漏りを疑うようにしましょう。

このように、春一番の様な強風が屋根を破壊し、外壁からの雨漏りをもたらすことがあります。応急処置程度ではすぐに剥がされてしまう恐れがありますので、すぐに雨漏り周囲業者に依頼して、根本的な解決を行ってもらうことをおすすめいたします。