雨漏り修理ならお任せください!|応急処置とDIY

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7840

フリーダイヤル0800-805-7840

最新情報・レポート

雨漏り修理.com|雨漏り修理:25,000円~&年中無休で対応のコラム記事ページです

応急処置とDIY

台風や大雨で突然雨漏りしてしまった際に業者は急には来てくれるわけではないのでそれまでは雨漏りが続いている状態になります。しかし雨漏りを放置してしまうと天井や壁のシミだけでなくカビの発生原因になります。それを防ぐためにもまずは応急処置が必要です。業者が来る前に自分でできる範囲の応急処置をまとめてみます。 ・ブルーシート 明らかに天井からの雨漏りであれば屋根にブルーシートを被せることで被害を最小限に押さえましょう。ただ、状況によっては危険な作業になるので協力してくれる人がいないときなどは無理して行わないことをおすすめします。 ・防水テープ ひび割れなど雨漏りの原因になる正確な場所がわかっていればその場所を防水テープで塞ぐことで、その場所からの雨漏りを防ぐことができます。防水テープの粘着剤は濡れている場所には効果がないのでしっかり水分を拭いてから貼るようにしましょう。 ・古新聞 窓のサッシから雨が侵入してきたときは、捨てる前の古新聞や広告をサッシのサイズに折り曲げて詰めておけば水分を吸ってくれるので活用しましょう。古新聞や広告が無ければ雑巾やタオルを使うのもありです。 ちょっとした対処をとることで業者が来るまでの間に家を守ることが大切です。 ・DIYは危険 雨漏りした部分のメンテナンスだけならDIYでやってしまおうと思う方も少なくありません。しかし屋根の防水工事は非常にデリケートでトップコートの塗布や防水部分のメンテナンスなどムラが出てしまうとかえって効果が薄くなってしまい放水機能の低下につながります。自分で行う作業は応急処置だけにとどめてあとは業者に任せましょう。