雨漏り修理ならお任せください!|強風により雨漏りする場合があります

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7840

フリーダイヤル0800-805-7840

最新情報・レポート

雨漏り修理.com|雨漏り修理:25,000円~&年中無休で対応のコラム記事ページです

強風により雨漏りする場合があります

雨漏りの原因というと、劣化した瓦や防水シートに穴が空くことや、新築物件でずさんな工事が行われた場合などを想像することが多いのですが、そうではない家でも雨漏りする場合があります。また、それらの原因は、ある一定の条件が整わなければ雨漏りしないため、見つけることが難しい場合があります。 その代表例が、強風による雨漏りです。原因は強風だけでなく、壁面の劣化も関係しています。 強風による雨漏りは、まず劣化した壁面塗装の塗膜や、壁面材自体が劣化してヒビが入るところから始まります。 そこへ雨天の強風時に、強い風により叩きつけられる雨水が侵入することで始まります。 見ただけではわからないような小さなヒビでも、強風による強い圧力で、雨水が侵入するには十分な大きさです。また、こうした雨漏りが継続して起こることで、ひび割れが徐々に広がっていくことも考えられます。 このタイプの雨漏りは、風が弱い時の雨では、ヒビ割れ部分に雨が浸入すること無く、気が付きにくいのが特徴です。 また、場所によっては屋根の損傷による雨漏りと判断されて、見逃される事も多いようです。 雨漏りした箇所を見つける場合、外から見てもわからない場合は、室内から見ることで被害が明らかになることがあります。 壁紙の色が変色しているのはその最もわかり易い例です。 強風による雨漏りは、壁面の塗装の塗り直しなどで対応をすることができるので、雨漏り修理の際に、外壁塗装を一緒に行ってもらうのがお勧めです。