雨漏り修理ならお任せください!|太陽光発電を導入した際に雨漏りすることも

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7840

フリーダイヤル0800-805-7840

最新情報・レポート

雨漏り修理.com|雨漏り修理:25,000円~&年中無休で対応のコラム記事ページです

太陽光発電を導入した際に雨漏りすることも

台風、強風、大雨、建材の劣化。住宅の雨漏りはこれらの要素が、ある時は直接、または間接的に、あるいは複合的に影響して引き起こされるものです。 しかし、この4つのパターンに含まれない雨漏りもいくつかあります。新築時の施工の甘さによる雨漏りはその1つですが、それに加えて、屋根上に設置した太陽光発電システムが影響する雨漏りもあるのです。 一見すると、屋根の上にパネルを設置するのだから、雨漏りしにくくなるように思えます。 しかし、屋根の上に太陽光発電パネルを設置する時、パネルを固定するための金具を屋根材に固定しますが、この時に屋根の防水シートに穴を開けてしまったり、下葺き材や野地板といった建材を傷つけたりすることにより、雨漏りが発生してしまうのです。 穴が空いてしまうと、他の部分を伝ってきた雨水がそこから入り込み、雨漏りを引き起こしてしまうのです。また、元々瓦屋防水シートが劣化していたのに、太陽光発電パネルを設置して見えなくなってしまうことで、発見が遅れることもあります。 工事のせいで雨漏りが発生すると、一度載せたパネルの撤去をしてから、更に瓦などをどけて修理を行わなければいけませんので、大変時間がかかってしまいます。 太陽光発電パネルを設置して貰う場合は、きちんと工事の管理がされている業者を選ぶとともに、万が一、太陽光発電パネルを導入後に雨漏りするようになったら、早めに雨漏り箇所を修理してもらうようにしましょう。