雨漏り修理ならお任せください!|コーキングの劣化が雨漏りの原因に

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7840

フリーダイヤル0800-805-7840

最新情報・レポート

雨漏り修理.com|雨漏り修理:25,000円~&年中無休で対応のコラム記事ページです

コーキングの劣化が雨漏りの原因に

皆様は、コーキングというものをご存知でしょうか。コーキングとは、建築物の気密性や防水性を確保したり、また接着剤として使用される事があります。施工の際には、コーキングガンと呼ばれる注射器のような器具を用いて充填する事が多いです。コーキングは屋根や外壁にも利用されています。活躍の場が広いコーキングですが、劣化してしまいますと雨漏りの原因になってしまいますのでご注意ください。

コーキングは、紫外線などの影響を受けて徐々に劣化していきます。その寿命は長くても10年程度と言われており、屋根材や外壁材と比較すれば短い事が多いです。そして、劣化が進んでしまいますと痩せたりひび割れたりしてしまい、その隙間から雨水が浸入しやすくなります。そうなりますと、徐々に雨漏りが進行する事になります。
もしもコーキングが傷んでしまいましたら、コーキングの打ち直しが必要になります。作業手順としては、まず古いコーキングを剥がし、その箇所を綺麗に清掃します。その後マスキングをして養生し、プライマーを塗装し、最後にコーキングを隙間が無いように打ち直します。

これらの作業は、道具さえあればDIYで行うことも可能です。ただし、屋根などの高所での作業に関しては、安全のために業者に任せるようにしましょう。また、屋根や外壁のヒビ割れを塞ぐためにコーキングを充填するケースもありますが、これはあくまで応急処置でしかありません。数年もしない内に雨漏りが発生する恐れがありますので、このような場合も雨漏り修理業者に依頼し、根本的な解決を図るようにしましょう。