雨漏り修理ならお任せください!|コンクリート製の建物でも起こります

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7840

フリーダイヤル0800-805-7840

最新情報・レポート

雨漏り修理.com|雨漏り修理:25,000円~&年中無休で対応のコラム記事ページです

コンクリート製の建物でも起こります

雨漏りが起こるのは、木造建築だけだと思っていませんか?コンクリート製の建物でも、雨漏りが発生する場合があります。木造建築の雨漏りは瓦のズレなどが原因で、隙間から雨水が落ちてくる症状が一般的です。一方頑丈なコンクリートですが、屋根や外壁は雨風にさらされるために、年月の経過とともに劣化してしまい、ヒビが発生します。このヒビの中へ雨水が入り込むことで、雨漏りがコンクリート製の建物でも起こってしまうのです。コンクリート製の建物で雨漏りが起こった際は木造住宅とは症状が異なり、雨水が天井に染みこむことが特徴になります。雨水が落ちてくることは少なく、染み込んだ雨水でお部屋の中が湿ってしまいます。梅雨の時期などはもともと湿っているので、雨漏りが置きてもその湿気に気づくことが難しくなるので、注意しましょう。コンクリート製の住宅で雨漏りが起こったかどうかを知るには、天井や壁紙を触ってみることをおすすめします。湿ってブカブカしている、壁紙に剥がれが見られるならば、雨漏りを疑ってみましょう。雨漏りを放っておくとカビの発生など二次被害も起きかねないので、気づいたときは業者に修理を頼むことが賢明な判断といえます。