雨漏り修理ならお任せください!|どうやって雨漏りで木材が腐るのか

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7840

フリーダイヤル0800-805-7840

最新情報・レポート

雨漏り修理.com|雨漏り修理:25,000円~&年中無休で対応のコラム記事ページです

どうやって雨漏りで木材が腐るのか

雨漏りの被害で恐れられているのはシロアリであったりカビであったりしますが、木材が腐るというのも十分大きな被害です。シロアリによって家の耐久性が下がりますし、カビによってアレルギーや異臭が発生します。そして雨漏りで木材が腐ってしまうと耐久性が下がってしまいますし、その部分がシロアリの餌になってしまいますので余計に耐久性が下がってしまうのです。ではどうして雨漏りで木材が腐ってしまうのでしょうか。それは木材腐朽菌が雨漏りによって繁殖してしまうからです。この木材腐朽菌は、木材を腐らせる菌類の総称となっています。この菌類にとって水分、温度、空気、栄養がある環境は繁殖するのに最適です。雨漏りによって木材が濡れると、まず水分が発生します。空気の流れもありませんし、栄養は木材が濡れることによって木材腐朽菌の栄養源であるセルロースなどが分解されやすくなるために条件が整うのです。こうして雨漏りによって木材腐朽菌が繁殖し、木材が腐っていきます。これを防ぐためには雨漏り修理をしないといけません。木材腐朽菌はごく普通の菌類ですので、これらを完全に駆除するのは無理です。だからこそ雨漏り修理を行うか、雨漏りを防ぐためのメンテナンスを定期的にすることで雨漏りが起きないようにするしか防ぐ方法はありません。皆さまも家の木材を腐らせないようにしましょう。