雨漏り修理ならお任せください!

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7840

フリーダイヤル0800-805-7840

放っておくと。。。

さて、補修の必要性ばかりの解説になってきました。
そこで、今回は趣向を変えて、雨漏りを放っておくと具体的にどのような被害になるのかを解説していきます。

まず、初期症状としては、天井が雨水によって変色していたり、壁にカビが繁殖していたりします。また、壁のクロスが湿気によって粘着面が弱くなって剥がれたりしています。
当然、この段階で原因を特定して、修理に動くべきなのですが、これで動かなかった場合を考えます。

まず、雨のたびに水が侵入してくるのであらゆる場所が腐食していきます。具体的には、外壁や、室内壁が湿気によって木材の腐食を招きます。また、外界からの侵入経路をつくってしまうので、シロアリの侵入もしやすくなり、いよいよ家の木材がボロボロにされてしまいます。また、いたるところにカビが繁殖してしまうので、大変不衛生な状態になってしまいます。

これをもし放っておいた場合の被害の概要です。当然、こうなる前に対策をする人が殆どでしょうが、それでも面倒で対策が後回しになっては大変です。
できるだけ早めに、対処をして家へのダメージを最小限におさえましょう。

雨漏り・雨漏り修理でお困りの方は、雨漏り修理.comへ!

スタッフ待機中!