雨漏り修理ならお任せください!

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7840

フリーダイヤル0800-805-7840

雨漏りしてからでは遅いかもしれません。

雨漏りに関しては、その家を建てる時からすでに勝負は始まっているのかもしれません。
下からの雨水の浸水もそうですが、その地域における雨水への対処が設計段階からスッポリ抜けていたら、漏れに対して弱い家になってしまうのは仕方がないことなのです。こればっかりは、設計士やハウスメーカーを責めるわけにもいきません。もし家をまだ建てていない方が、いたら是非「雨漏り対策」も設計の段階で考えておくことをオススメします。

また、上からの漏れで一番の原因である瓦などの屋根の修理は、実は雨水が室内に入ってからでは少し遅いのです。
既に、雨水の経路が外から室内まで形成されているので、その課程で家の構造物のあらゆる場所に雨水が入ってきているということになるからです。湿気はすべてのものに悪影響を与えます。鉄鋼建材などでも、湿気は即腐食をまねきますし、木材も腐っていきます。特に鉄鋼建材は、いくらメッキが塗布されていても、少しの湿気が命取りになります。
屋根の定期的な点検は、このような家の構造物に甚大な被害を与える前に防ぐためにも必要なのです。家の構造物が腐食していけば、それはやがて災害に対して脆弱な家へとなっていくということです。家を少しでも長持ちさせるためにも、定期的に点検をしましょう。

 

雨漏り・雨漏り修理でお困りの方は、雨漏り修理.comへ!

スタッフ待機中!